2015年12月30日

「マッサン」レビュー

「マッサン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。

*出演:玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス、西田尚美、早見あかり、高橋元太郎、泉ピン子
*作・脚本:羽原大介

感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^


【関連テーマ】
玉山鉄二, シャーロット・ケイト・フォックス,

【リンク】
NHK連続テレビ小説「マッサン」
http://www.nhk.or.jp/massan/

ドラマレビュートラックバックセンター at 16:52 | カテゴリ:ドラマタイトル:ま

トラックバック

トラックバックURL

※管理人が承認したトラックバックのみ表示されます。

連続テレビ小説 マッサン(4)「鬼の目にも涙」
運命の法事の日。エリーを見て驚く亀山家の親戚一同。現代なら外国人はめずらしくもないが、この時代はめずらしく偏見もあったようだ。エリー気にするな。エリーは何とか認めてもらおうと奮闘するが失敗ばかりしかた..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-10-02)
連続テレビ小説 マッサン(25)「内助の功」
マッサンとエリーのケンカはまだ続いている?マッサンいくらなんでも外国人のエリーにはわからんはないだろう。エリーが怒るのも当然だ。素直にエリーに謝ったほうがいいと思うよ。鴨居さんからエリーにしか出来ない..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-10-27)
連続テレビ小説 マッサン(35)「情けは人のためならず」
健太は風邪に冒されてしまった。エリーの診たてではスペイン風邪ではないようだ。 エリーはスコットランドに伝わる風邪薬をマーマレードとウイスキーで作り健太に飲ませ徹夜で看病をする。健太がよくなってよかった..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-11-07)
連続テレビ小説 マッサン(43)「絵に描いた餅」
マッサンのお父さん政志さんが危篤?これは大変だ・・・・・しかしそれは早苗さんがマッサンを広島へ呼び戻すための嘘だった。確かに早苗さんはやりすぎだ。でもマッサンも会社辞めたことを伝えてなかったのもいけな..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-11-17)
連続テレビ小説 マッサン(45)「絵に描いた餅」
マッサンせっかくやる気を出したのに俊夫さんとの酒造りは楽しくないようだ。マッサンにもう一度やる気を出させようとした政志さんの思いに答えてほしいが・・・早苗さんと千加子さんにウイスキーの夢と結婚を諦める..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-11-19)
連続テレビ小説 マッサン(49)「虎穴(こけつ)に入らずんば虎子を得ず」
マッサンはエリーの助言で鴨居さんに頭を下げてやとってもらおうと鴨居商店に行った。しかし中々話が切り出せず、鴨居さんが試飲させたウイスキーと炭酸を割った飲み物に腹をたててしまった。マッサンにはマッサンの..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-11-24)
連続テレビ小説 マッサン(51)「虎穴(こけつ)に入らずんば虎子を得ず」
マッサンと鴨居さんの会談を成功させるため、エリーは早苗さんからもらった給金を使って料亭を借りることに、この料亭はキャサリンさんの紹介だ。だんだんエリーも日本のお嫁さんらしくなってきた。逆にエリーに教え..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-11-26)
連続テレビ小説 マッサン(54)「虎穴(こけつ)に入らずんば虎子を得ず」
鴨居商店に就職が決まったマッサンはエリーとともに広島の実家へ報告にむかった。何故か早苗さんは上機嫌もしかしたらやっと2人を許したのか?と思ったがこれは早苗さんの勘違いだった。 たちまち早苗さんは不機嫌..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-11-29)
連続テレビ小説 マッサン(56)「灯台下(もと)暗し」
鴨居さんから北海道ではなく、大阪周辺で工場の場所をさがせと言われたマッサン。マッサンが北海道と言うこともわからなくはない。しかし会社のことを考えると・・・鴨居さんは山崎を土地に選択した。のちにウイスキ..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-12-02)
連続テレビ小説 マッサン(60)「灯台下(もと)暗し」
突然やってきた俊夫さん実はエリーが広島に手紙を出し大阪へ出てきたそうだ。俊夫さんのあまのじゃくは相変わらずだ。これでは鴨居の大将と絶対に合わない。と言ったマッサン。確かに普通ならそうかもしれないが、鴨..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-12-06)
連続テレビ小説 マッサン(67)「冬来たりなば春遠からじ」
マッサンは医者からエリーが出産の難しい身体だと宣告され愕然とする。流産のショックもまだ癒えてないのにこの宣告はあまりにも残酷すぎる。キャサリンさんの見舞いは、この重苦しい空気を和ませてくれた。キャサリ..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-12-15)
連続テレビ小説 マッサン(70)「冬来たりなば春遠からじ」
自分たちの子供がエリーの命を救ってくれた。だから子供の分まで精一杯生きるんだ。マッサンその通りだ。子どもがママであるエリーの命を救ってくれたのだ。その話を鴨居の大将は聞いていた。英一郎君に明日からマッ..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-12-18)
連続テレビ小説 マッサン(77)「急(せ)いては事をし損じる」
やっとマッサンの夢・国産ウイスキーが出荷された。マッサンとエリーはこれまでの苦難の日々を思い出し、エリーは涙した。ここまで色んなことがあったそれを乗り越えてここまできたのだ。だがまた新たな困難がマッサ..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2014-12-26)
連続テレビ小説 マッサン(80)「渡る世間に鬼はない」
早苗さんの容態は峠を越えた。しかしまだ安心は出来ない。いつもの憎まれ口が出るうちは大丈夫だとは思うが・・・・エリーが作った風邪薬を意地を張って飲まないと言ったが皆がいなくなった時にまずいと言いながら飲..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-01-06)
連続テレビ小説 マッサン(84)「渡る世間に鬼はない」
涙なくして見れなかった今日のマッサン。政志さんにこれまでの礼を言い花嫁姿のエリーには夢を持っているマッサンとエリーが羨ましかったと言った早苗さん。最後にエリーを嫁として認めた早苗さん。いや本当は特に認..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-01-10)
連続テレビ小説 マッサン(87)「会うは別れの始め」
熊虎親方からりんごが届いた。マッサンは余市で見つけた理想の地を思い出していた。その表情は生き生きとしていた。そうだそれが本当のマッサンなのだ。それを封印してまで飲みやすいウイスキーを作ろうとするマッサ..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-01-14)
連続テレビ小説 マッサン(91)「人間到(いた)る処(ところ)青山有り」
昭和7年、マッサンとエリー、エマはついに北海道・余市へきた。その一週間前、キャサリンさんたちが送別会を開いてくれた。皆、マッサンやエリーとの別れは寂しい、しかしいつもの明るさで送り出してくれた。最後に..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-01-19)
連続テレビ小説 マッサン(93)「人間到る処(ところ)青山有り」
熊虎親方の名前を出して、地主に挨拶に行ったマッサンとエリーだったが親方の名前を出したとたん冷たくあしらわれた。親方の義理の弟でりんご組合長進さんも同じだ。いったい何が?そのわけはここ2年ニシンがまった..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-01-21)
連続テレビ小説 マッサン(100)「負うた子に教えられる」
大阪から帰ったマッサン。俊夫さんと一馬君に商品名を「りんご汁」に変え百貨店にも営業をかけると告げた。俊夫さんと一馬君の心配はよくわかるしマッサンの気持ちもわかる。 自分でやるうとすることには限界がある..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-01-29)
連続テレビ小説 マッサン(105)「遠くて近きは男女の仲」
ハナちゃんに見合いをどう思うか問われても、肝心なことが言い出せない俊兄。俊兄何やってんだよ。ハナちゃんは待ってるだよ俊兄の「見合いなんてやめろ」の一言を。 マッサンに余計なことはいうなと言われたが、エ..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-02-04)
連続テレビ小説 マッサン(112)「万事休す」
ウイスキーは出来た。後はウイスキーの名前だ俊兄と熊さんが考えた名前は清酒の名前のようなので却下。結局ドウカウイスキーに決まった。会社名もドウカウイスキーに変更し、いよいよニッカウイスキーの歴史がスター..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-02-12)
連続テレビ小説 マッサン(116)「夏は日向を行け 冬は日陰を行け」
途中で地震速報に変わったので途中になってしまったが、面接にきた中村美紀さんデコちゃん母娘。 エリーを敵を見る目で見る美紀さんが気になる。 人気ブログランキング にほんブログ村
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-02-17)
連続テレビ小説 マッサン(117)「夏は日向を行け 冬は日陰を行け」
突然キャサリンさんが余市に来た。表で特高の刑事が見張っている。キャサリンさんは夫とともに英国へ行くことを決めたエリーに一緒に行かないかと誘う。しかしそれにはマッサンと離縁することが条件。キャサリンさん..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-02-18)
連続テレビ小説 マッサン(120)「夏は日向を行け 冬は日陰を行け」
エリーが特高に連行されようとしていた。そこへ海軍士官が現れ、特高を追い返した。特高の刑事も海軍士官の言葉には逆らえなかった。一発殴るまで行かなくても、叱咤してくれたらもっと気分がスカッとしたが海軍士官..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-02-21)
連続テレビ小説 マッサン(123)「物言えば唇寒し秋の風」
一馬君が酒石酸採取に取り組む中、見学にやってくるエマちゃん。このところ連日研究室に行ってるようで、エマちゃんが一馬君を好きなのでは?という噂が。 マッサンとエリーはそんなことはありえないと否定するが熊..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-02-25)
連続テレビ小説 マッサン(127)「親思う心にまさる親心」
せっかくエリーが、一馬君とエマちゃんのことを許してくれたのに一馬君に召集令状が・・・やっとお国のために働けると喜ぶ熊さん、しかし本心は行かせたくないだろうと思う。エマちゃんは、エリーとともにオールドラ..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-03-02)
連続テレビ小説 マッサン(132)「親思う心にまさる親心」
熊さんの「オールドラングサイン」を聞き、気持ちが晴れやかになった一馬君は遺書を書き始め、自分が出征した後に読んでほしいと手渡す。しかし熊さんは今読んでしまった。熊さんの心情を考えたらそれが自然なのだろ..
*ブログ:JAOの趣味日誌(2015-03-07)

コメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※管理人が承認したコメントのみ表示されます。